花粉症治療

◆花粉症とは
花粉症とは、スギ・ヒノキなどの特定の植物の花粉によって起こるアレルギー疾患です。花粉が目や鼻の粘膜に付着することで様々な症状が現れます。日本では、約8割をスギ花粉症が占めています。

※春の代表的な花粉の種類と飛散時期

スギ:2~4月
ヒノキ:3~5月
シラカンバ:4~5月
ハンノキ :1~4月

◆症状
鼻水、鼻づまり、連続するくしゃみ、目のかゆみ、充血などです。程度には個人差があり、鼻や目など局所症状だけでなく微熱、倦怠感など一般の風邪に近い症状がでることもあります。

◆花粉症の治療について
薬物療法が中心で、内服薬、点鼻薬、点眼薬など様々な種類があります。最近は、眠くならない薬や一回服用すると24時間効果が持続する薬が開発されていま す。医師と相談し、ご自分にあった薬を処方してもらいましょう。 また、毎年花粉症症状がでる方は、シーズン前から抗アレルギー薬を処方すること(初期療法)で症状が軽減できます。

※年々花粉症患者は増加しており、今まで花粉症といわれた経験のない方でも突然発症することがあります。花粉のアレルギーは、血液検査で簡単に調べられます。お早めにご相談下さい。

2011年12月7日11:10 PM

麻しん(はしか)が流行しています

今回の麻しん流行は10代の若者による感染が全体の半数近くを占めています。麻しんは非常に感染力が強く、空気感染をします。麻しんに対する免疫の無い人が発病すると肺炎など重症化することもあります。

【症状】

  • 38℃前後の発熱、咳、鼻水、結膜充血など
  • 発疹出現の1 ~2 日前頃に頬粘膜の臼歯対面に、やや隆起し発赤を伴う約1mm 径の灰白色小斑点(コプリック斑)が出現。コプリック斑は診断的価値があるが、発疹出現後2日目の終わりまでに急速に消失。
  • 一時下降した熱が再び高くなり、耳後部から全身へ赤い発疹が現れる。発疹は耳後部、頚部、前額部より出現し、翌日には顔面、体幹部、上腕におよび、2日後には四肢末端にまでおよぶ。発疹が全身に広がるまで、発熱が3 ~4日間続く。

【合併症】
肺炎や脳炎といった、重い合併症を起こすことがあり、これが麻しんによる死亡の大きな原因となっています。また、中耳炎や麻痺など神経系に重い後遺症が残ることもあります。

【治療】
麻しんウイルスを直接殺す薬はないため治療は、発熱に対して解熱鎮痛剤、咳に対しては咳止めを使うといった対症療法が中心となります。中耳炎、肺炎など細菌性の合併症を起こした場合には、抗生剤の投与が必要となります。1週間程度で治ることがほとんどです。

11:09 PM

自費診療について

◆肺炎球菌ワクチン
近年肺炎による死亡率が上昇しており、事前の予防が重要視されてきています。このワクチンは肺炎を予防するためのワクチンで、通常1回の接種で約5年~10年、効果が持続すると言われています。

■ワクチン接種料金:8,600円
■ワクチン持続時間:5年~10年

◆各種予防接種
まずはお電話にてご相談下さい。

◆プラセンタ注射
肌荒れや美白効果が期待されるプラセンタ療法を行っています。
費用は1アンプル1500円です。

◆ED(勃起不全症)の薬物療法
バイアグラ(50)一箱20錠・・・・・1錠あたり1000円~2000円(薬局ごとに価格設定あり)
レピトラ(10)一箱20錠 ・・・・・・1錠あたり1000円~2000円(薬局ごとに価格設定あり)

上記には診察代、処方箋代、消費税全て込みです。

11:08 PM

水虫(白癬)

水虫とは?
水虫は白癬菌という真菌(カビ)が原因で起こる皮膚感染症です。白癬には足にできる足白癬、爪にできる爪白癬、その他頭部(シラクモ)、股部(インキンタ ムシ)、体部(ゼニタムシ)にもできます。白癬は通気性が悪くジクジクした所を好んで繁殖し、タオルや足ふきマット、スリッパからも簡単に感染します。

症状は、かゆみがある・乾燥して皮がむける・水疱や膿疱ができるなど様々で、いわゆる湿疹の特徴とも非常によく似ています。まずは顕微鏡検査で白癬かどうかを診断し、治療を開始します。

治療にはよく効く薬剤がたくさん出ていますので、多くは塗り薬のみで充分に治ります。しかし、爪白癬では外用薬が爪の中になかなか浸透しないため、飲み薬の治療が必要です。

爪白癬の内服治療について
爪白癬は白癬菌が爪の中に侵入したももので、爪が白や黄色ににごり、もろくなったり変形したりします。爪白癬の内服治療には、毎日1錠ずつ3ヶ月~半年続 けて服用する方法と、1週間飲んで3週間飲まないサイクルを3回繰り返す方法(パルス療法)とがあります。どちらも薬を飲み始めて3ヶ月~半年ほどで、健 康で綺麗な爪に生えかわります。

11:06 PM

アトピー性皮膚炎

◆アトピー性皮膚炎とは
「増悪・寛解を繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」と定義されます。つまり、「かゆい皮膚炎が繰り返し 出てくる皮膚病で、体質が関係する病気」です。多くの方(80~90%)は乳児の頃、特に生後 2~6ヶ月の間に皮膚炎が出始め、成長するにつれて自然に治っていきますが、ここ数年なかなか治りきらない患者さんが増えています。

◆アトピー性皮膚炎は増加している
日本や欧米での調査によると、人口の4人に1人はアトピー体質があり、日本ではここ30年の間にアトピー性皮膚炎の患者さんが著しく増えています(ス ウェーデンにつぎ世界第2位)。その原因は、生活様式が多様化したことによる悪化原因の増加、不適切な治療(民間療法、脱ステロイド療法)などが挙げられ ます。

◆アトピー性皮膚炎の治療
アトピー性皮膚炎は以下の3項目を組み合わせて治療していきます。
① 薬物療法 ②スキンケア ③悪化要因の検索と対策

1.薬物療法
■ステロイド外用薬
アトピー性皮膚炎治療の基本はステロイド外用薬を使うことです。皮膚の炎症を抑えるにはステロイド治療薬に勝るものはありません。皮膚炎の部位や炎症の強さに応じ、ステロイドの種類や塗布回数などを調節します。

◎お薬の塗り方や副作用、注意点については、診察や処置の際に詳しくご説明しています。気になる点はお気軽にご相談下さい。

■内服薬
かゆみに合わせて、抗アレルギー薬などを使います。

■プロトピック軟膏
プロトピックは中等度のステロイドと同等の効果があり、長期使用でもステロイドのような副作用が起こらないのが特徴です。特に、顔と首の皮膚炎に適しています。

参考) ステロイドはこわい? - 副作用について -
1980年代に副作用の少ないステロイド外用薬が多数開発され、アトピー性皮膚炎治療に広く使われてきました。ところが、「副作用が少ないステロイド外用 薬」も漫然と長期に使われ続けた結果、皮膚萎縮や赤い顔など、ステロイドの副作用が多くの患者さんで出てしまいました。このような歴史から、「ステロイド はこわい」という考えが全国的に広まったのです。しかし、ステロイド外用薬は決して、「こわい薬」ではありません。正しい使い方をすれば副作用はほとんど 起こりません。自己流ではなく専門医の指導のもと、正しく使用しましょう。

2.スキンケア
・皮膚を清潔に:皮膚の汚れはアトピー性皮膚炎の悪化原因です。毎日入浴し、「石けんを普通に使用して皮膚炎部分も含めて全身をよく洗う」ことがスキンケアの基本です。
・乾燥には保湿剤:乾燥した皮膚では皮膚バリア機能が低下し、外界のいろいろな刺激物の影響で皮膚炎が悪化してしまいます。

3.悪化因子の検索と対策
皮膚から悪化因子として、皮膚の汚れ・薬のかぶれ・衣類の残留洗濯洗剤など、口からの悪化因子としては食物、内服薬などがあげられます。その他、ストレス、生活リズムの乱れなども悪化因子となります。また、血液検査でのアレルギーチェックも参考になります。

◆まずはご相談下さい
ステロイドはこわいという考えから、ステロイドを使わない治療や営利を目的とした民間療法などで漫然と治療を続け、皮膚炎がますます悪化して しまった患者さんが多くいらっしゃいます。また、アトピー性皮膚炎には魚麟癬やとび、かぶれ、アトピー性白内障や網膜剥離など、様々な合併症もあります。
正しい薬の使い方で早期に皮膚炎を抑えることが大切です。まずは当院にご相談下さい。

11:04 PM

経営者、健診担当者の皆様へ ~企業健診お引き受け致します~

当院では各企業単位での健康診断をお引き受けしております。検査人数、検査項目等、お電話にてお知らせ下さい。また、検査料金についてはご相談下さい。
健康診断の検査結果については特にご指定がなければ、担当者様あてに郵送させて頂きます。
健康診断の結果、異常が見られた場合には、土日も診療の当院で継続治療も可能です。
また、精密検査が必要な場合は、ご希望に応じ当院より関連病院へ直接予約をとり、ご案内致します。

11:04 PM

リハビリテーション施設紹介

◆首、腰牽引療法
狭くなった背骨の隙間を広げ、椎間板の圧力を減少させ、神経圧迫を取り除き手足の痛みやシビレを緩和し、緊張した筋肉を緩和します。

◆干渉波療法
低周波療法よりも高周波を使うためより深部に刺激を与えることができます。深部の筋肉、神経の緊張をほぐし、深部の血行を促進して、新陳代謝を高めます。

◆ウォーターベット
水圧を利用して全身マッサージをします。肩こり・腰痛の方にも好評です。リラクゼーション効果もあります。

◆ホットバック
温熱治療は、血液の循環を改善、促進し温熱効果と鎮痛・鎮静効果、組織の治癒促進が期待できます。

◆SSP
低周波刺激療法です。痛みのある部位に使うことで、鍼治療の効果が得られます。

5:36 PM

往診について

診療所への通院が困難な方、ご自宅で療養されている高齢者の方へ定期往診を行います。 月1~2回、医師がご自宅に訪問して診察をいたします 。
問診、聴診に加え、必要があれば採血、検尿、心電図等の検査や処置が可能です。まずはお気軽にお電話にてご連絡下さい。病状をお聞きして手配をさせて頂きます。
介護をされているご家族、患者さんと共により良い生活をおくるために往診診療が少しでも役立てるよう、努力してまいります。
なお往診は保険の対象であるため、個人の負担は実費の1~3割のみとなります。
交通費は一切頂きません。 ご相談・お問い合わせは、【03-3420-2959】まで、お気軽にご連絡下さい。

5:36 PM

強力ミノファーゲンC(強ミノ)

◇強ミノは慢性肝炎の治療薬で静脈内注射を行います。

◇強ミノと経口肝庇護薬を組み合わせる事で、血中GOT(AST)、GPT(ALT)を低くコントロールし、肝硬変、肝癌への進展を抑えます。

◇強ミノは肝炎ウイルスを排除するわけではなく、肝機能を改善させるものなので、長期間の注射が必要になります。

◇定期的な腹部エコー診断による経過観察も可能です。

・・・・・診断・治療方針確定後、強ミノ注射に長期間通院中の方・・・・・
当院へご相談下さい。より少ない待ち時間で対応いたします。

5:35 PM

関連施設

関東中央病院 (地図)

  • 当クリニックの提携医療機関のひとつです。
  • 各診療科のご紹介
  • 各種検査(CT・MRI・胃カメラなどの高度検査)の予約
  • クリニックから直接予約を取る事が出来ます。

 

5:33 PM