麻しん(はしか)が流行しています

今回の麻しん流行は10代の若者による感染が全体の半数近くを占めています。麻しんは非常に感染力が強く、空気感染をします。麻しんに対する免疫の無い人が発病すると肺炎など重症化することもあります。

【症状】

  • 38℃前後の発熱、咳、鼻水、結膜充血など
  • 発疹出現の1 ~2 日前頃に頬粘膜の臼歯対面に、やや隆起し発赤を伴う約1mm 径の灰白色小斑点(コプリック斑)が出現。コプリック斑は診断的価値があるが、発疹出現後2日目の終わりまでに急速に消失。
  • 一時下降した熱が再び高くなり、耳後部から全身へ赤い発疹が現れる。発疹は耳後部、頚部、前額部より出現し、翌日には顔面、体幹部、上腕におよび、2日後には四肢末端にまでおよぶ。発疹が全身に広がるまで、発熱が3 ~4日間続く。

【合併症】
肺炎や脳炎といった、重い合併症を起こすことがあり、これが麻しんによる死亡の大きな原因となっています。また、中耳炎や麻痺など神経系に重い後遺症が残ることもあります。

【治療】
麻しんウイルスを直接殺す薬はないため治療は、発熱に対して解熱鎮痛剤、咳に対しては咳止めを使うといった対症療法が中心となります。中耳炎、肺炎など細菌性の合併症を起こした場合には、抗生剤の投与が必要となります。1週間程度で治ることがほとんどです。

2011年12月7日11:09 PM